決算申告のみ依頼できる名古屋市東区の税理士事務所。期限が迫った法人決算も低価格でスピード対応します。全国対応。

法人決算・申告専門。全国対応。

決算申告サポートセンター名古屋

運営:近藤正臣公認会計士事務所
〒461‐0022 名古屋市東区東大曽根町24-4 野村ビル1階

シンコク  ナゴヤ 

0120-459-758

営業時間

9:00~19:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

決算って何ですか?

決算って何ですか?

決算とは、1年に一度、会社の決算月で会計を締め切って、1年間の業績を集計する手続です。

会計帳簿の作成、決算整理仕訳の実施をした後、申告書を作成し、税金の金額を計算するまでの一連の手続きが決算となります。

税額が算出できたら、申告期限の日までに税金の納付も行う必要があります。

決算はどの期間で集計する?

個人事業の場合は、会計期間は1月1日から12月31日までと決まっていますが、法人の場合は、決算月を自由に決められます。

決算月を3月としていれば、4月1日から3月31日までが1会計期間となりますので、この期間の業績を集計することになります。

具体的には1年間でかかった売上や経費がどれくらいあるかを集計することになります。

会計ソフトなどで作成した会計帳簿ができていれば、各経費の科目ごとに年間の合計金額が集計されます。

売上や経費の金額が計算できれば、残った利益の金額も計算できますので、それをもとに税金の金額を計算することになります。

1年間の業績をまとめたものが決算書であり、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書から構成されます。

損益計算書には、1年間の業績が集計され、貸借対照表には決算日現在の資産、負債の内容が表示されます。

決算では何を作成するの?

税金の申告書を作成し、管轄の役所に提出する必要があります。


法人に対してかかる税金としては、国に納める税金として法人税、消費税があります。
また給与、報酬の支払いがある場合は、源泉所得税という税金もあります。

都道府県に納める税金として、法人事業税、法人地方特別税、法人県民税があります。

市町村に納める税金として、法人市民税があります。

 

国、都道府県、市町村の3ヵ所に申告書を提出し、それぞれに税金を納付する必要があります。

税務署へ提出する書類は、法人税申告書、決算書、勘定科目内訳書、法人事業概況説明書、消費税申告書があり、
都道府県に提出する書類には、法人事業税・県民税申告書があり、市町村に提出する書類には法人市民税申告書があります。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
お電話でのお問い合わせの場合は、「決算申告のホームページを見ました」とお伝えください。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-459-758

受付時間:9:00~19:00(土日祝を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-459-758

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

代表プロフィール

近藤正臣
資格
  • 公認会計士
  • 税理士

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

ご連絡先はこちら

決算申告サポートセンター

0120-459-758

住所

〒461‐0022
名古屋市東区東大曽根町24-4 野村ビル1階

税務顧問のご依頼は

近藤正臣公認会計士事務所まで

詳細はこちら

経営改善・黒字化なら

株式会社アクセルコンサルティングまで

詳細はこちら